金融商品の規制の仕組み 

近年、規制の緩和が金融の分野で進められていますが、それに伴ってさまざまな金融商品が市場に出回っています。また、金融商品の取引に関しても取り扱う業者の数も増加しています。このことは投資家にとって資産運用の選択肢が増えるという意味ではありがたいことなのですが、一方で取引上のトラブルが発生してしまう原因となっています。
特に新しく販売された金融商品に関しては従来の法律では取り締まることができないケースが増えています。従来の法律では金融商品ごとに個別の法律が存在し取引上のルールを定めていましたが、新しく販売された金融商品には適用できる法律が存在しない場合も多く、そのため金融商品取引法という法律が作られることになったのです。
この法律には金融市場の利用者の保護という目的があります。また、公正かつ透明な金融市場つくりも目的のひとつとなっています。
金融商品取引法では、金融商品を取り扱う業者に関しては「金融商品取引業」となり、内閣総理大臣に申請を行い登録を済ませた業者のみが業務を行うことを認められています。
また、金融商品取引業である業者が投資家に金融商品を販売する際のルールとして、商品の仕組み、リスク、コストがわかるように記載した書面を交付することを義務付けられています。