金利の規制等について

借入をするときの金利についてはいくつかの法律が関連しています。その一つが利息制限法です。銀行や貸金業者などの金融機関が貸し付けを行うときには利息についての上限が定められています。
具体的には、10万円までが20%、10万円から100万円までが18%、100万円以上になると15%と定められています。ですから、このような規制がありますから、金融機関はこれを超えて貸し付けることはできないのです。
最近になってグレーゾーンが問題になったことがありますが、これには出資法という別の法律が関連しています。出資法では、年率で29.2%が上限と定められていました。利息制限法と出資法とで上限が異なっていたことが問題視されたのです。例えば、過去には25%くらいで貸し付けている貸金業者は多くあったのです。現在の過払い金というのは、この時代の貸し付けによって生じたものだと言えるでしょう。利息制限法の上限を超えて貸し付けを行っていた分については無効な利息となり、利息を支払いすぎているということになるために、これを返還してもらう事ができます。これが過払い金の返還請求と呼ばれるものです。現在は二つの法律による差はなくなっています。