販売・勧誘ルール

日本では長く低金利の時代が続いており、預金だけでは資産を増やさせない時代となっています。

そこで、最近は投資を積極的に行う人が増えていますが、投資はより資産を有効に活用することができたり、大きな利益を得られるチャンスもあります。

でも、投資はメリットばかりではなく、やはりリスクもついて回るものです。

特にハイリターンを期待できる金融商品はそれだけリスクも含んでおり、下手な取引を行なうと逆に大切な資産を減らしてしまうことにつながってしまうかもしれません。

それゆえに投資を行う前は、利益のことばかり考えずに損失が出てしまった場合の対策やリスク管理についてもしっかり学んでおく必要があります。

金融商品の販売や勧誘は営業マンなどでに勧められることが多いですが、この場合もい投資家へのリスク説明がしっかり行われていることが大切です。

メリットばかりではなく、どういったリスクがあるかもきちんと説明があれば、より利用者も安心することができますし、リスクについても隠さず丁寧に説明してくれる業者はそれだけ信頼性も高いと思われる傾向にあります。

特に投資初心者の方は投資についての知識が不足していることも多いのでより丁寧な説明が必要となります。