*

金融商品取引法では、金融商品を取引する業者に関しては内閣総理大臣に対して申請を行い、登録をする義務があります。この登録を行なっていない業者は金融商品の取引などの業務を行うことはできません。
金融商品取引法の最大の目的は金融市場における利用者の保護にありますが、そのために金融業者が金融商品の販売や勧誘の際に行なう行為に関してもさまざまな規制が設けられています。
投資を行う人にも色々な考え方の人がおり、リターンにはあまり期待せずにリスクの少ない資産運用を好む人がいる一方で、たとえリスクが高い金融商品であっても高リターンを期待する人がいます。金融商品を取り扱っている業者は、投資家個人個人の希望に合わせて、その人に適した金融商品を販売しなければなりません。また、金融商品を宣伝したり、商品の購入を勧誘する場合には金利などの仕組みやリスク、手数料などのコストに関しての情報を投資家に対して書面にて提示しなければなりません。
このような規制を設けることによって、投資家は金融市場において金融商品を安全に購入することができ、それを販売している業者に関しても取引が公正に行なわれることになるため、健全な金融市場つくりを目指すことができるのです。